「もっと大勢の人と触れ合うようにしろ。」 ぼく「嫌です^^」

たまにこういう事居る人いますよね。
私もたまに言われることがあるんですけど。
「一人でばかりいないで、もっと多くの人と触れ合ったら?」と。

「もっと人と触れ合って、時には遊んで友達を作って、人脈を広げて・・・」云々。
「そうすれば人生もっと豊かに・・・」などとも。
まあそれはそれでごもっともですねえ、ハイ。
否定はしませんが。
確かにそういう人生もありかもしれません。

人と触れ合う事で、
絆のありがたさが実感できるかもしれない。
友情や愛情を感じられるかもしれない。
それを否定するつもりは私は有りません。
大勢の人と触れ合う事で得られるはたくさんあるでしょう。
でも、一方で確実に失っているものがあるんです。

それは、独りぼっちになる時間です。
多くの人とつながりを持てば持つほど、これが失われていく。
他人と一緒にいる時間が増えれば増えるほど、
たった一人で物思いに耽る時間が減っていきます。
筋金入りの真正ぼっちである私には、これは受け入れがたい事です。
大げさに言うと、私が私でなくなってしまうのです。
ぼっち人間が絆だのつながりだの、他者とつるむ事を強制されたら、
激しいストレスで死に至ってしまうのです。

大勢の人とつるんで絆を得るか、ぼっちになって独りぼっちの時間を得るか。
どちらかを選ぶかとすれば、私は間違いなく後者を選びます。

コメント

もっそ

共感できます
O.Aさんの記事にはいつも共感できます!
一人の時間が無きゃ投資の勉強も出来なければ、こうしてブログを書く余裕だって無いですもんね。
私もぼっちの時間が欲しいタイプの人間です。

O.A

Re: 共感できます
> O.Aさんの記事にはいつも共感できます!
> 一人の時間が無きゃ投資の勉強も出来なければ、こうしてブログを書く余裕だって無いですもんね。
> 私もぼっちの時間が欲しいタイプの人間です。

もっそ様

はい、ブログは一人でないと書けないですからね。
これからもぼっち時間をしっかり確保していきたいです。
非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。