まづ酒を勧めて、 強ひ飲ませたるを興とする事、いかなる故とも心得ず。

世には、心得ぬ事の多きなり。
とも有る毎には、まづ酒を勧めて、
強ひ飲ませたるを興とする事、いかなる故とも心得ず。

徒然草 第百七十五段


これを現代語に訳すと、
世の中には納得できないことが多い。
何かにつけてまず酒を勧め、無理やり飲ませて面白がるということは、
いったいどういう事なのか、理解に苦しむ・・・といったところになります。

徒然草が書かれたのは約700年前。
その頃にも他人に無理やり酒を飲ませて喜ぶ人間は居た、
という事になります。
もちろん、それよりさらに昔、
世の中に酒が生まれた頃からこういう人は居たんだろうけど。

かの兼好も納得いかない、と言っているぐらいなので
私も当然この手の手合いは気に食いません。
忘年会シーズンで社畜飲みが増えている昨今、
つくづくそう思うわけです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。