お役所仕事

ある日の昼下がり。
会社での仕事風景。

ぼく「この書類は急いでいるもので・・・急ぎで申し訳ございませんが、
今日中にいただけないでしょうか」

相手「あ、すみません。その書類は上長の承認印が必要で・・・
今日は外出中でもう戻らないので、明日以降になります^^」

ぼく「電話か何かで、上長の方に承認取って頂くことできないんですかねえ^^;」
相手「社内規定で印鑑が必要なもので、出来ないんです^^」

ぼく「・・・そうですか(´・ω・`)」

どこのお役所だよ、と若干イライラしてしまいますが、
お相手の取引先はれっきとした民間企業であります。

名前を言えばだれでも知っている財閥系の立派な会社です。
大手どころの会社さんほど、こういうことが多いですね。

中で働いている人たちは間違いないく優秀なんですよ。
私みたいなチャランポランのアホとは比べ物にならないくらい頭の回転が速いし、学もある。

でも、組織としての意思決定スピードが遅すぎるんですよねえ・・・
これだけが本当に残念すぎる。

翌日に帰ってきた書類には4人~5人の判子を突いているしw
そりゃあ遅くもなるわなと。

日本のホワイトカラーの生産性が低い低いとはよく言われますが、
こういう事例を経験するとさもありなんですね。



コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。