僕がサラリーマンを8年続けて増えたものと減ったもの

そう言えばサラリーマンを延々八年間続けて何かいい事あったんだろうか?

ただのサラリーマン生活ディスりで終わるのももったいないので、
タイトル通りの事を割と真剣に考え、書き出してみた次第です。

良い事も悪い事も、思いつく限り。



増えたもの

  • 仕事量

  • ストレス

  • 眉間のしわ

  • 愛想笑い力

  • 世渡り力

  • コミュ力



減ったもの

  • 給料(3年目をピークに減少中)

  • 寿命


やっぱり全般的にクソですねw
仕事量やストレスが増えているのに給料は減る理不尽。
これに関してはもはや何もいう事がありません。
一刻も早く早期リタイアです。

ただし、
コミュニケーション能力(笑)全般に関しては、一年目より確実に付きました。
これだけはまあ・・・良かった。

というか、学生時代の自分のコミュ力がひどすぎただけで、
ようやくマシになってきたという程度です。
多くの社内外の人と接し、真人間に近づきつつあります。

減ったもの・・・特に寿命に関して。

自覚してるんです。
所詮、私は自分の時間を金に換えている(しかもやっすいはした金で!)
だけなんだと。

サラリーマンを続けると得られる物も確かにあるかも知れません。
でも、私にとっては失うものが多すぎます。
特に時間。

やっぱり金より時間だよなあと思う
30歳になって間もない今日この頃です。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。