僕がサラリーマンのメリットと感じる二つの事

働きたくない、サラリーマン嫌と
散々にのたまってきたわけです。

でも、会社やサラリーマン仕事をdisるばかりではフェアじゃないですよね。
頑張っていいところ・メリットを探してみました。

  • 会社に出社して最低限仕事こなせば必ず給料もらえる

  • サラリーマン最大の、かつ最高のいいところ。
    これを否定する人はそうは居ないでしょう。

  • 私は良い同僚・先輩・上司に恵まれた

  • これはどちらかと言うと個人的なメリット。
    入社したばかりの私は今以上にクソなダメ人間。
    仕事も出来なければ、口のきき方さえわかっていない私を
    一応の真人間(?)まで教育して頂いた恩は忘れてはいけないでしょう。

・・・本当はいいところをもっと書こうと思ったんですが、
二つしか出てきませんでしたw
しかも二つ目の人間関係に関しては完全に運に恵まれました。
この人間関係に苦しんで耐えられなくなってしまう人もいるわけで。

これらのメリットを享受するために
今後もサラリーマン続けるの?となると断じて否!ですね。
手取り月給16万とそこそこ良好な人間関係を得る為に支払う代償が大きすぎます。

サービス残業、長い拘束時間、上司や得意先からの理不尽な指示・・・
そこまで我慢を重ねてまで得る価値のあるもんじゃないですよね。
わずかばかりの給料と会社内だけでの人間関係なんて。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。