クリスマス・イヴに社畜残業するメリット三点

クリスマス・イヴなんて関係ない。
私は現在も終わりの見えない業務量を抱え、

ただいま残業中であります。
ただ、ズルズル残業するものむかつく上に
精神衛生上良くないので、
クリスマス・イヴに残業するメリットを頑張って考えてみました。


  1. 会社に人が少ない為、仕事がはかどる。

  2. 会社の皆様はイヴの予定()の為に早々と帰宅したため、
    現在、事務所内に二人しかおりません。

    社内は静まり返っております。
    響くのは、PCのキーボードを打つ音と複合プリンタの駆動音のみ。
    そして電話も少ない。(鳴っても出ないけど)これは仕事がはかどります!

  3. クリスマス商戦の誘惑に巻き込まれずに済む

  4. 会社を一歩出た街中には、
    クリスマス消費を煽る店頭POP、明るすぎる電飾、
    妙にテンション高い人々があふれています。
    まさに魔窟。

    このような環境下では自分もついついテンション高くなり、
    不要なガラクタを買ってしまいがち。

    しかし、会社から出ずにばっちり残業することによって、
    これらの環境から隔離され、無駄遣いを避けることができます。

  5. 残業代を稼げる(かもしれない)

  6. 普通にクリスマスイヴを過ごそうと思ったら、まず間違いなく金が飛んでいくのみ。
    豪華なプレゼント、おしゃれな外食・・・(以下略)

    残業して残業代が出たら、どうでしょう。
    金がとんでいくだけのクリスマス・イヴに、
    余分に金がかせげるかもしれませんよ。

    もっとも、私の会社は残業代でませんが。

以上、カッとなって思いつきでブログ記事を書いてしまいました。
後悔はしていない。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。