「急かされるのが嫌」というのが早期リタイアしたい理由の一つ

私の働いている業界(ニッチ業界の為、特定されそうなので卸売・流通とだけ言っておきます)
のお客さんはとにかく皆せっかちです。
こちらに何らかの依頼を投げてくるときも
とにかく急。

じゃあいつまでに回答が欲しいのかと聞けば、

・急ぎ
・至急
・大至急


基本的にこの三択です。
日をまたぐ事がほとんど許されません。
お前ら急ぎすぎだろ・・・何と戦ってるんだよ、と。

まるでその日暮しです。
半年先、一年先・・・
長期的目線でものを考える暇が与えられません。

まあこれも私がヒラ社員の兵隊アリだからこういう状況なんだろうけども。

ではうちの会社で管理職になればそこから解放されるのかといえば、
まったくそうでもなく。

ウチの会社の管理職の皆様も
目先の数字達成を会社上層部から急かされまくるという・・・
急かされる相手が社外から社内に変わっただけです。

ああ、めんどくせえ会社辞めちまおうか。
というのが現在の私の心境です。

コメント

とし

難しい
急かされると、それ以上に早くやろうと、燃えて結果として、仕事もはかどるので、個人的には良い面もあると考えてます。
私は完全に出世から外れていますが、管理職は管理職で大変かなと考えたり、一方、上司は仕事フルだけ、かつ、部下は言い返さないので、楽とも考えたり。
一週間お疲れさまでした。

O.A

Re: 難しい
> 急かされると、それ以上に早くやろうと、燃えて結果として、仕事もはかどるので、個人的には良い面もあると考えてます。
> 私は完全に出世から外れていますが、管理職は管理職で大変かなと考えたり、一方、上司は仕事フルだけ、かつ、部下は言い返さないので、楽とも考えたり。
> 一週間お疲れさまでした。

とし様

程よい急かされ方はいい刺激なんですけど、
急かされまくるとどうもしんどいです。
非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。