2018年12月末の資産状況

今年の相場は波乱含みだったけれども、
何とか年末を迎えることが出来た。
まずは資産状況の集計を。
結果はこんな感じ。

口座① カブドットコム証券 個別株
k201812_convert_20181230153948.png

確定拠出年金口座
外国株式インデックスファンド ¥1,373,080

2018年12月末総資産
¥50,902,992(昨年末比 +2.96%)

リスク資産時価評価額
¥35,905,780

証券口座の現金・普通預金・定期預金など
¥14,997,200

先月末から10%以上削られて無事死亡。ちーん。
追加入金を含めて昨年末から一応資産は増えたものの、
今年の資産額ピーク時からは1,300万円近く減ってるからね(汗)
私の税込み年収3年分以上である。

本当はもっとひどい数字を予想していたが、思ったより良かった。
でも良く損益を確認してみると、
損出しクロス取引で還付された譲渡益税が40万円近くあったわ(笑)
これで数字がややかさ上げされている。

それにしても相場が下げに転じてからの立ち回りがあまり宜しくなかった。
この辺の反省文は気が向いたら別途ブログで書きたい。

今から今年の9月ぐらいにタイムスリップして、
儲けていかれポンチになっている自分に
「早く売れっ!!!!間に合わなくなっても知らんぞ──っ!!!!」と言いたいところ。
また来年も頑張ります。

コメント

tamachan

投資の難しさを改めて感じさせられます
まさに表題の通りです。投資って難しいのだな、と。日本株の場合は特に乱高下が激しいですからね。ただ、管理人さんも以前お話しした通り、全体としてはプラスであって、それ故に心に余裕を持てるとのことが何よりです。
配当金のほうも見ましたが、国民年金並の配当金であり、副収入としても心強いなと感じました。

O.A

Re: 投資の難しさを改めて感じさせられます
> まさに表題の通りです。投資って難しいのだな、と。日本株の場合は特に乱高下が激しいですからね。ただ、管理人さんも以前お話しした通り、全体としてはプラスであって、それ故に心に余裕を持てるとのことが何よりです。
> 配当金のほうも見ましたが、国民年金並の配当金であり、副収入としても心強いなと感じました。

プラスとマイナスは心理的に全然違いますよね。
非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。