真昼間からごろ寝してテレビゲームしてる32歳独身の息子を見て、親はどう思うでしょうね?

実家に帰省してからひたすらゴロゴロして本読んでゲームしている。
「普段どおり」ともいえる。

まあ冷静に考えればこの状況も中々にシュールだ。
いい年した32歳の独身男が実家に帰省して、
朝っぱらから「風来のアスカ」を全力プレーしている…

まったくの余談だがこのゲームは不思議のダンジョンシリーズの中でも
屈指の名作と言われる作品なので、興味ある人は調べてみてほしい。

ちなみに久々のプレイで腕がなまったのか、
あっさり死亡で+70まで鍛え上げた火迅風魔刀(要はレアアイテムです)をロストした。
「ああああ!!!」と絶叫して今は軽い虚無感に襲われている。

この辺の感覚は株で大損こいた時に似ている。
長い時間と情熱をかけて積み上げ、
作り上げたモノを一瞬で失う、あの感覚だ。

この様子を見て親は何を思うのだろう…とふと思う。
地元の同年代はさっさと結婚して所帯を持ったりしているが、
ウチの息子は昼間っからゲームして奇声上げてる…オヨヨ…
なんて思っているかもしれない(笑)
親は特に何も言ってこないから本心は分からないけれども。

まあ息子は息子だ、すきにしろ…と放任なのか、
諦められたのか。
多分前者だと思っている。

せめてもの罪滅ぼしにせっせと掃除を手伝った。
普段親の手が回っていない部屋を重点的に掃除した。
一応感謝はされたのでこんなところで良いだろう。

実家に帰ったけれどやたらにだらけず、
手伝うところは手伝い働き者の息子を演じ、
親の心情にも配慮する私であった。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。