先輩!何で俺はこんなに頑張ってるのに給料上がらないんですか!

などという事を後輩が言っていた。
答えは決まっていて一言でいうと、

「お前はサラリーマンだからで、
サラリーマンは自分の給料を自分で決めることが出来ないからである」となる。

サラリーマンは会社が儲かったからと言って自分の給料を勝手にあげられない。
だが逆に考えてみろ?会社が損しても給料はゼロにならずにちゃんと貰えるんだぜ?
給料は大して上がりも下がりもしねえ、
生かさず殺さずで会社に飼われてるのがサラリーマンってやつよ…

もちろんそれをそのまま言うと後輩の士気を萎えさせる。
なので私は「じゃあがんばって出世して社長になれ!
社長になれば給料自由に決められるぞ!」と言っておいた。

後輩「ハイ…頑張るっす…」
なんだか一応納得していた。

ちなみに私の勤務先は創業者一族がほぼ全ての株式を握る、
「オーナー企業」だ。
後輩はこのことに気が付いているのだろうか…

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。