やべえ、大掃除でもぼっち人間が超有利って気づいちまった

2017年が終わろうとしている。
年を越す前にやる事と言えば大掃除だ。
部屋をキレイにしてすがすがしい気持ちで新年を迎える。

使ってない物を躊躇せずバシバシ捨てた。
掃除の基本は捨てることだ。

で、ふと気が付いた。

あれ?俺のような友達ゼロのぼっちって、
大掃除で有利じゃね?

私が大掃除で躊躇せずバシバシ物を捨てられる理由。
それは捨てた物が基本的に全て自分で買い、自分だけで使ってきたものだからだ。
捨てようが捨てまいが自分の自由。

逆に交友関係が広い一般人などは物を捨てられない事の理由に、
「他人から貰ったから」
「誰それとの思い出が詰まっているから」などと言う人が多い。
思い出の品、プレゼント…私には縁のないものが多いな(笑)

誰かとの大切な思い出が詰まった一品…は良いんだが、
そういう物が部屋に増えていっていつしか汚部屋に…
大切なものを捨てることに対しての葛藤もあるだろう。
過去の思い出に縛られるというか。
そうなると、それは最早思い出なんかではなくしがらみだ。

ぼっち人間にはそんな悩みはもちろん無い。
誰かとの思い出が詰まった物を持っていないので、当然である(笑)
捨てようと決めればサクッと捨てられる。
感情面のしがらみが無いわけだし。
掃除のスピードも10倍速だ。

ぼっち人間だと掃除が捗る。
また一つ、ぼっちの優位性を発見した。

ぼっち人間最高!
楽ちん!
ぼっち人生を満喫している。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。