欲しかったものも手に入れた瞬間に興味が薄れてしまう

元々物欲が薄い性質ではあるが、
それでもたまに「あ、これ欲しいな」と思うものが出てくる。
その場ですぐ買ったりせず、熟考した上でほしいものだ。
熟考した上でも欲しいと思ったものなら、
私は躊躇なく買うようにしている。
度の過ぎる我慢は体に悪い。

しかしどういう訳か、
そうやって葛藤の末に買ったものでも買った瞬間に興味が失せることがある。
本当にこれは何なんだろうと思う。
あれだけ悩んだのに。

手に入れる前までのワクワク感、
高揚感が手に入れた瞬間にきれいさっぱり無くなってしまう。
それどころか、感じるものはどうしようもない虚無感、そして寂寥感である。

この感覚が何かに似ている…と思ったらアレだ、
賢者タイムである。

もうやめよう、もうやらない!…と思いつつ、
やっぱり次こそは…!とゴニョニョしてやっぱり同じような空しさを感じるところもそっくりだ(笑)

よし決めた、この「欲しかったものも手に入れた瞬間に興味が薄れる」現象、
これからは賢者タイムと呼ぶことにしよう(自己完結)

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。