飲み会だったら断れるのに「暑気払い」と言われると断りづらくなるわー

絶対強制参加の暑気払い(笑)という名の
社畜飲みに参加することになってしまいました。
今から憂鬱です。

断る力(カツマー的な)と嫌われる勇気が足りなかったと反省しきりです。
暑気払いの本来の意味といえば暑い夏に体を冷やす食べ物
、飲み物を食べて体に溜まった熱気を取り除こうとする行動…と言ったところですが。

今の時代となっては夏に酒を呑むための口実作りに利用されているだけの感がありますねー
体を冷やすの、カンタンですからねー。
冷房が効いた部屋に入って冷たい飲み物を買って飲めばいいんですから。

それにしてもこの「暑気払い」という言葉の魔力には恐れ入ります。
ただの「飲み会」だったら平気で断れるのに、「暑気払い」と言われると、
今だけの季節イベントだよ?これ断ったら来年になっちゃうよ?的な断りづらさを醸し出しやがる。
中身は何も変わらないタダの社畜飲みなのに。

後悔とともに財布の中だけ暑気払いされる悪寒がする今日この頃でした。
あ、悪寒がしているからちゃんと暑気払いされてるのか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。