銭ある時は…

銭ある時は鬼をも使う

【読み】ぜにあるときはおにをもつかう
【意味】銭ある時は鬼をも使うとは、金さえ持っていれば、
  どんな人でも意のままに使うことができるということ。

故事ことわざ辞典より


カネ絡みのことわざは星の数ほどありますが、
私が気に入っているものがコレです。
昔から変わらぬ、世の真理。

私も金で人の心まで買えるなどとはさすがに思っていませんが(笑)
それでも、今の世の大多数の人は、金を持っている資本家に使われているのもまた事実。
立場の強さは雇用主>被用者が常です。

私の場合は人を使うような器量は無いので、
「銭ある時は鬼をも使う」というより、
「銭ある時は他人に使われぬ」と言ったところでしょうか。
少し語呂が悪いですが。

金さえあれば、どんな人のいう事も聞く必要が無い。
人の話を聞く聞かないは自分の意のままである。
こういう生き方、是非一度してみたいものですがw

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。