通勤電車の中で考えている妄想

私の会社への通勤手段は徒歩と電車。
そしてその電車の路線は日本でも上位に
ランクインするであろう混雑路線でもあります。

大混雑の電車に乗ったことあるがある方なら分かるかと思いますが、
満員電車はうんざり且つイライラします。

つり革を持てないから仕方なく足を踏んばり、
右隣のガタイ良い兄ちゃんの肘がぶつかって痛いし、
人ごみに押されて左隣の姉ちゃんにイヤーな顔をされる。
そして目の前の、不機嫌な顔したおっさんにはなぜかメンチ切られるという。

朝っぱらから、こんな感じの不機嫌と疲れが蔓延している通勤電車に詰め込まれて
職場に向かっています。知らず知らずのうちに精神を消耗している気がしますね。

私はこの沈む気持ちを少しでも和らげるため、
こういうことを考えています。
「みんな、働くの嫌なんだよね?」と。

朝の通勤電車内で楽しそうな顔をしている人は一人もいません。
皆一様に、その顔には疲れが浮かんでいる。
みんな嫌だ、みんな働きたくない、気持ちは一つだ。

俺たち、「働きたくないでござる」




…毎朝、辛い通勤ラッシュを耐え忍ぶためにこんなくだらないこと考えています。
なんだかすいませんでした。電車嫌だもう辞めてえ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。