ダメサラリーマンにも強みがある

スキル無し、人脈無し、コミュ力無し、やる気無しと
サラリーマンとして、とにかく私はダメダメです。
でも、ふとこれってダメサラリーマンならではの強みなのでは?
というコトが一つ思い浮かびました。

仕事ができない、やる気が無いというコトは、
考えようによっては仕事を辞める時には立派な強みになりえるのでは無いでしょうか。

自分の仕事に興味が無いし、
今やっている仕事に未練も何も無い。

特段福利厚生が良い会社でもないし、
給料額もたかが知れてます。

積み上げたキャリアや知識?
そんな大層なもの、そもそも持ってませんからw

とにかく仕事を辞めてしまっても失うものが少ないんですよね。

そうなるといざその仕事を辞めてリタイアしようとするときに
何の躊躇も覚えず、サクッと行けるのではなかろうか、と。
躊躇どころかむしろサッサッと捨てたい、辞めてしまいたい。
と思っているぐらいですw

これが逆に仕事が出来て、やりがいのある仕事や充実した福利厚生、報酬を手に出来ている人なら?
良しリタイアだ!と言ってサクッと捨てるのは難しいでしょうね・・・
好待遇が捨てられず、ずっと仕事を続けてしまいそう。
というか、好待遇を捨ててわざわざ辞める理由が無いかw

うんうん、
やはり仕事を捨ててリタイアするには仕事出来ないダメリーマンのほうが良いですかね。
これもある種の「持たざる者の強み」のようなものでしょうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

OA

34歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。