トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

読書 「私の生活流儀 本多静六(著)」

 今回読んだ本は、本多静六著「私の生活流儀」です。
過去のエントリーでも取り上げた同じ著者の「私の財産告白」(関連記事)とは趣旨を変え、
人間いかにすれば健康、長寿に生きられるか?

本多流の日常生活スタイルを取り上げた本となっております。
原著は60年以上前に書かれていますが、内容は現代にも十分通用します。
読む価値ありです。

本書の前半は健康を保つ秘訣について書かれております。
本多流健康法は、一言でいうと毎日愉快に働いて、三度三度の食事をうまく食うこと。
拍子抜けしてしまいそうですが、確かにそうだ。ムムム、なかなか反論の余地がない。

健康法のほかには、普段の生活様式について言及。
本多翁は金の扱いには非常にストイック。

以下は、本多家式買物法について。
少し長くなりますが、本文を引用させてもらいます。
節約家なら是非読んでほしい一節です。

それから、私の家では、衣服などについて、いつもつもり買いのつもり貯金というのをやった。
すなわち、呉服屋のショウ・ウィンドウを外から眺めさせて、気に入った柄、気に入った物はいつでも
望み通り買うことに賛成した。賛成はするが、それを即座に持ち帰るのではない。ただ買ったつもり(気分)に
させるだけだ。そうして、品物はそのままその店に預けておくことにし、
ぜひその品物がなくてはならなくなるまで、別にその代金同額を銀行に預けさせておくのである。
すると、いつしか欲しいと思ったものも欲しくなくなり、
必要なものも必要でなくなって、貯金だけがチャンとあとに残るという仕組みなのである。
本田静六(2005)「私の生活流儀」 P.87-88



無駄なことには金を使わない。
衣・食・住あらゆるものをシンプルにして生きる。
やるべきことの本質は今も昔も変わらない、という事でしょうか。

いずれにしても、われわれ日本人の身辺には、あまりに用のないガラクタが多過ぎる。
このガラクタを思いきって追放し、できるかぎり整理しなければ、われわれの日常生活は
すっきりしてこないのである。ガラクタの中に埋まりつくしていて、
全く文化生活なぞあり得ようはずはないではないか。
本田静六(2005)「私の生活流儀」 P.96



本書が書かれてから60年後。日本にはますます多くのガラクタがあふれ、
我々はそのガラクタを手に入れるために一生懸命働いています。
一度立ち止まって、今の生活を見直したほうがいいのかもしれません。


スポンサーリンク



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

関連コンテンツ

スポンサーリンク

プロフィール

O.A

Author:O.A
働くのが大嫌いな31歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。

ツイッターでも元気につぶやき中。
ぜひフォローお願いします!


各種ブログランキング参加中

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

2017年 11月 【17件】
2017年 10月 【25件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【33件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【37件】
2016年 09月 【33件】
2016年 08月 【36件】
2016年 07月 【35件】
2016年 06月 【32件】
2016年 05月 【40件】
2016年 04月 【38件】
2016年 03月 【38件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【41件】
2015年 12月 【49件】
2015年 11月 【46件】
2015年 10月 【37件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【37件】
2015年 07月 【33件】
2015年 06月 【35件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【33件】
2015年 03月 【27件】

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリ

逆アクセスランキング

過去記事一覧

お気に入り&相互リンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター