トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

同じネタで何度も記事を書くのは悪いことなんだろうか

当ブログの記事数も500記事を大きく越えてきました。
こうなると、過去に書いた記事でネタの被りの一つや二つは出てきます。

書き手の立場からすると、
記事ネタの重複はなるべく避けたいところです。

読者の方から「このネタ前も見たよ!」とか、
「また同じこと言ってるよw」などと思われるのもイヤです。

しかし、本当に記事ネタが被るのは悪い事なんでしょうか。

ブログを始めたばかりの頃は、
私もとにかく記事ネタが被らないように気を使っていました。

でも、被るもんは被るんですよね。
あれこれと記事を書いているうちに。

そもそも、なぜ記事ネタが被ってしまうのか?

最初は私も単に自分の持ちネタの貧困さが原因である、とそう思っていました。
でも、それだけじゃない。

こういうことではないでしょうか。
なぜ繰り返し、繰り返し同じことを言ってしまうのかと言うと、
つまりそのネタは書き手がそれだけ強く主張したい事なのである、と。

最近ですと、私は「働きたくないでござる」とブログ上で繰り返し言っています。
私のこの主張はもう、一般的な理屈や社会通念上間違っているとかどうでも良いんです。
「とにかく働きたくないでござる」

嫌な物は嫌なのである。
これはもう魂の叫びです。

記事ネタが被るのは悪くない。
むしろ、そのネタは書き手が最も強く主張したい事象なのである。
私はそう思っています。

などと自身のネタやボキャブラリーの貧困さを正当化してみた次第です。

スポンサーリンク



このエントリーのタグ: ネタ被り 同じネタ ブログ運営
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
869:いいと思いますよ。(^o^)丿 by 山中 一人 on 2016/04/06 at 11:22:03

大事な事だからこそ何度でも言うのですよね。

寧ろ、ワンテーマを追及するのはストイックですらあると言えます。

自分も姉妹ブログでは内向オンリーで徹底しております。
最早、人見知りはライフワークとさえ言えますw

872:Re: いいと思いますよ。(^o^)丿 by O.A on 2016/04/07 at 22:14:48

> 大事な事だからこそ何度でも言うのですよね。
>
> 寧ろ、ワンテーマを追及するのはストイックですらあると言えます。
>
> 自分も姉妹ブログでは内向オンリーで徹底しております。
> 最早、人見知りはライフワークとさえ言えますw

山中 一人様

ライフワークですか、かっこいいなあ。
後は同じテーマで記事がマンネリにならないように
話の切り口や視点も上手く工夫していきたいですね。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

プロフィール

O.A

Author:O.A
働くのが大嫌いな31歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。

ツイッターでも元気につぶやき中。
ぜひフォローお願いします!


各種ブログランキング参加中

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【25件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【33件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【37件】
2016年 09月 【33件】
2016年 08月 【36件】
2016年 07月 【35件】
2016年 06月 【32件】
2016年 05月 【40件】
2016年 04月 【38件】
2016年 03月 【38件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【41件】
2015年 12月 【49件】
2015年 11月 【46件】
2015年 10月 【37件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【37件】
2015年 07月 【33件】
2015年 06月 【35件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【33件】
2015年 03月 【27件】

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリ

逆アクセスランキング

過去記事一覧

お気に入り&相互リンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター