FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

国会図書館のウェブサイトで約80年前の会社四季報を閲覧

最近はまっているのが国立国会図書館のウェブサイトで
戦前期の株式関連の書籍を読む事。

現在では戦前期の株式市場について詳しく語られている書籍が
あまり見当たらないので、こういった当時の資料は貴重ですね。
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
↑ここで検索して閲覧することが出来ます。

私のお目当ては東洋経済の会社四季報。
近代デジタルライブラリーでは昭和11年(1936年)の号から閲覧することが出来ます。

ちなみに、東洋経済の会社四季報は昭和11年(1936年)創刊。
という事は、会社四季報の創刊号を見られるという事です。
おお、なんだかすごい。

四季報1
国立国会図書館ウェブサイトより
これは昭和11年第二集

四季報2
国立国会図書館ウェブサイトより

【国策不安も軽減】 (本文より)
以上の如く経済界そのものには目下の處不安材料は無い。
若し問題になるとすれば政治不安であるが、これも二・二六事件直後に現はれたやうな
不安は時日の経過と共に軽減し、殊に八月二十五日に発表された国策にも窺はれる如く、
急激なる財界変動を起すやうな国策は行はれるものではないとの見通しが財界にも段々ついて来た。


国策に経済、株式市場が振り回される構図は今と変わらないという事でしょうか。
それにしても、二・二六事件とか・・・
時代の空気を感じます。


四季報3
国立国会図書館ウェブサイトより

個別銘柄の紹介ページはなかなか壮観。
鐘淵紡績(後のカネボウ)、南満州鉄道(満鉄)・・・
太平洋戦争前の大企業群がずらりと並んでいます。

既に存在しない企業だけでなく、今も存続する企業もちらほら見当たります。
日立製作所、三菱重工など。

国立国会図書館 近代デジタルライブラリーでは四季報だけに限らず、
戦前期の株式関連資料が豊富にあります。

戦前の株に興味があるという株マニアの方や
単純にヒマで興味があるという方は一度利用してみたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク



このエントリーのタグ: 四季報
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

関連コンテンツ

スポンサーリンク

プロフィール

O.A

Author:O.A
32歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。

ツイッターもやってます。
ぜひフォローお願いします!


各種ブログランキング参加中

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

2018年 08月 【9件】
2018年 07月 【23件】
2018年 06月 【26件】
2018年 05月 【26件】
2018年 04月 【26件】
2018年 03月 【26件】
2018年 02月 【24件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【25件】
2017年 11月 【26件】
2017年 10月 【25件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【30件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【33件】
2016年 11月 【27件】
2016年 10月 【34件】
2016年 09月 【32件】
2016年 08月 【33件】
2016年 07月 【35件】
2016年 06月 【32件】
2016年 05月 【36件】
2016年 04月 【33件】
2016年 03月 【36件】
2016年 02月 【39件】
2016年 01月 【40件】
2015年 12月 【45件】
2015年 11月 【38件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【28件】
2015年 08月 【27件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【27件】
2015年 05月 【25件】
2015年 04月 【24件】
2015年 03月 【20件】

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリ

逆アクセスランキング

お気に入り&相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: