トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「投資家のヨットはどこにある?」を読みました。

昔々のものがたり。
おのぼりさんの一行が、ニューヨークの金融街を見学させてもらっていた。

一行がウォール街にほど近いバッテリーパークへやって来ると、
ガイドのひとりが停泊中のすばらしいヨットの数々を指さして言った。

「ごらんください。あそこに並ぶヨットは、みな銀行家やブローカーのものですよ」

気のきかない田舎者がこう聞いた。

「お客のヨットはどこにあるのかね?」

「投資家のヨットはどこにある?」 より


上記の小話で有名な、「投資家のヨットはどこにある?」を読みました。
金融業の客が相場で利益が得られるか否か(むしろ損しているだろう・・・)は不確実だが、
金融業者は客からの手数料で確実に儲けている事を端的に描いた小話ですねw

本書が出版されたのは1940年と70年以上前の事。

70年も前の本なんて参考になるのかな?とバカにするべからず。
そこに登場する人々とやっていることは現代と何も変わらず。
まさに歴史は繰り返すものである・・・と妙にシンミリしてきます。

金融街でのドタバタ劇に登場するキャラクターの顔ぶれは昔から変わらず。

「差し迫って金を必要としていない人に限定して金を貸す」銀行家。
占い家業に精を出し、客に当たるか分からない「相場見通し」というご高説を垂れて
株を買うようそそのかすアナリストにエコノミスト。
あの手この手のセールストークで客に怪しげな投信を売りつける営業マン・・・

ああ、昔っから金融屋はなんて悪どいんだ?

では客の方はどうなのか?
不勉強の上、他人任せで楽して儲けようとしている。
そして損をしたらまるで被害者面。これも今と変わらない光景ですね。

この本から学べることとしたら、
運用を他人任せにせず、自分の問題として自分の判断で責任をもってやる。
運用の勉強をして、ぼったくり商品を見抜く目を養え
、といったところでしょうか。
結局は客が賢くなるしかないんでしょう。



スポンサーリンク



このエントリーのタグ: 投資家のヨットはどこにある? 読書記録
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1305: by on 2017/02/27 at 11:51:35

九州リースすげえ・・・(^p^)
ご鶏眼、感服しました。

1306:Re: タイトルなし by O.A on 2017/02/28 at 23:49:10

> 九州リースすげえ・・・(^p^)
> ご鶏眼、感服しました。

端的に言うと運が良かったです。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

プロフィール

O.A

Author:O.A
働くのが大嫌いな31歳独身男性です。
節約生活と資産運用で蓄財し、
早期リタイアを目論んでいます。

ツイッターでも元気につぶやき中。
ぜひフォローお願いします!


各種ブログランキング参加中

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

2017年 09月 【19件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【33件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【37件】
2016年 09月 【33件】
2016年 08月 【36件】
2016年 07月 【35件】
2016年 06月 【32件】
2016年 05月 【40件】
2016年 04月 【38件】
2016年 03月 【38件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【44件】
2015年 12月 【53件】
2015年 11月 【48件】
2015年 10月 【38件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【38件】
2015年 07月 【38件】
2015年 06月 【35件】
2015年 05月 【34件】
2015年 04月 【42件】
2015年 03月 【37件】

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリ

逆アクセスランキング

過去記事一覧

お気に入り&相互リンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター